かたぎり直哉

  • twitter
  • facebook
  • contact

私自身は小さい時から、人と合わせることや集団行動が苦手でした。
23歳で政策秘書として政治の世界に入ったとき、リベラルな考え方の党派であっても、グループ内で周りに同調しない人は、排除されていく社会なのだと痛感。
政治は日本社会の縮図です。
地域社会や企業など、日本社会の様々なところで「周りに合わせないといけない空気」がまだまだ残っています。そしてそれが、閉塞感や生きづらさを生み出している現状を変えていきたいと思いました。

市会議員1期目から、地域活性化・まちづくりをテーマにしてきました。
いままでの固定観念にとらわれない「多様な価値観」を持った人が活躍すること。世代や考え方の違いを乗り越えて、地域の課題にみんなで取り組むこと。そこから地域の活性化が生まれると確信して、商店街の魅力発信や、高齢者・親子の居場所づくりなどに力を入れてきました。

暮らし方、働き方、まちへの関わり。一人ひとりの考え方が大事にされ「~しないといけない」という強制ではなく、「~をやってみたい」という前向きな行動が次々と生まれる地域こそが、少子高齢化・人口減少のなかでも豊かになっていきます。

これからも、多くの異なった考え方を重ね合わせながら、北区のまちに「ここにしかないもの」「ここにしかない良さ」をつくり続けます。
FACEBOOK